夏にさまよう怖いもの

我が家にたまに出る恐ろしい、アレ。

どちらかというと夏に、忘れていた頃に・・・・。

何故だかたいがいは二階に出る、アレ。





f0110840_195154.jpg

                写真は本文と関係ありません




昨日も朝、二階のトイレに行こうとドアを開けると

猫がすでに座っていて振り向きざまに

にゃぁ〜

と一声鳴いた。


おや?珍しい、そんなとこに、と思ったら

ヤツと対決の途中だった、


そう、ゴキと。





おっと、これは失礼


とばかりにトイレのドアを閉め、後は猫に任せた。




しばらくそっと二人きりに。




一階のキッチンで洗い物をしていたら

上からドッタンバッタンと戦う音が聞こえてきた。
がんばれよ。



あぁ・・・猫がいてよかった、と思う瞬間だ。






f0110840_1954754.jpg

                 写真は本文と関係ありません



世の中で一番恐ろしい虫は「蜘蛛」だ。
「蜘蛛」という字を見るだけでも恐ろしいし、
水族館で足の長い蟹を見るのも怖い。


それでもゴキブリもかなりの上位にはいる。
あの黒くてエナメルな羽で
わけわからん方向に飛ばれたら失神しそう。



カブトムシやコオロギなど、小さい頃にはフツーに触れたのに

ある時、あの堅い、カサッとした感触が


ゴキブリに似てね?

と気づいてから触れなくなった。





猫が遊び飽きてから時間を空けてのぞきにいったら

アレが仰向けになって倒れていた。



新聞で拾ってトイレに流した。




可愛い猫だけどしばらくは触りたくないな。
[PR]

by dorothy_pc06 | 2011-09-13 05:42 | ペット