セレブキッチン

常々、「先生」というものは声が大事だと思っている。

小学校などでも
声が通らない聞き取りにくい先生のクラスは
何かと乱れ、崩壊しがちだったし
やたら大きな声の先生のクラスは
子供が一瞬に耳を貸すので落ち着いていた。



先日伺ったこちらの先生は声が美しい。
美しいのは声だけではないけど


よく通る涼やかな声が心地よく耳に入ってくる。

本日のレッスンは

こんな感じ。






f0110840_16145973.jpg







綺麗におしゃれにまとめられたインテリアはすっきりして
レッスンが始まる前からうきうきだ。




f0110840_1618945.jpg









持ち手が金属のこんな急須もかっこよい。

f0110840_1619971.jpg








あぁ・・・ここは犬も猫もいないもんなぁ。
我が家だって動物さえいなければもっとおしゃれに・・・

と思ったら、ここのお宅も普段は大型犬が室内を歩いているらしい。

やっぱり猫が歩いてないとすっきりなのだろう

・・・猫のせいかよ。




このレッスンでは

かなりの下準備を先生がしてくださっているので
説明を聞いたら何段階かをすっとばしてメインの作業へ飛ぶ。


そのため、自分じゃ

大したことしてないのに

すごいことをした!


ような錯覚を覚え、家に帰ってもすぐに作りたくなる。



レッスンというよりひょっとしてランチ?



ずっと前に習っていた教室では
食器棚から調理器具を出し、計量も生徒だけでするので
怠け者で飽き性のワタシは
教室が終わる頃にはへろへろ。

自宅でもう一度作る、なんてのはまっぴらごめんだったのに

前回ここで習ったレシピをどれだけしつこく復習できたことか。




で、ランチ




f0110840_16253490.jpg







どれもこれも美味しく、今回も是非家でも作りたいものばかり。


こんな器もかっこいい。


f0110840_16283462.jpg



庭や床の間に置いてる石のように(庭にこんな石は置いてないけど)、
こんな分厚く、表面が平らなそれはまるで舞台のよう。
お料理がさらにグレードアップされる。

重ねられなさそうだし、重そうだけど、
こんな非日常な器ていいな、

と思ったら案外軽かった。あ、・・・欲しい。




こんなのもあんなのも・・・




f0110840_2016547.jpg

       (↑サラダじゃないよ。)



f0110840_20171579.jpg





家で作る料理と一線を画すのは高さと広がる空間。
美味しさプラス、この演出がさすがプロのワザ。





さらにくわえて、


素敵な食事を完食せずに持ち帰ることを決意させたのは
満腹になる前に是非とも口に入れたかった、



ご一緒した方が持ってこられたこんなデザート。

f0110840_18592478.jpg





それからこんなパン。

f0110840_18593912.jpg








今回はなんと
パンの先生、お花の先生、ケーキの先生と習う

セレブなキッチンだったのだ。
なんだか得した気分。
[PR]

by dorothy_pc06 | 2011-09-24 06:14 | つくる