パーソナルカラー診断

そんなわけで
何を着ていいかわからないけど
着るモノがないので

とりあえず

何かを買おうと思い、


やっぱり

何を買ったらいいかわからないので


ここは一つ誰かの意見、
それも知らない人の率直な感想を聞いてみたいと思い


友人に連れられカラー診断に行った。


カラーセラピーではなく

肌の色、目の色、髪の色などで
何色が似合うのかパーソナルカラーを探してもらうものだ。






f0110840_6153479.jpg







で、結果

ワタシのワードローブはほとんど無効


ってことに気がついた。



ナンにでも合わせられるように、

とか

無難だから、

と選ぶことが多かったので、なんとなく似た傾向。



どうしよう・・・。



もちろん、自分の着たい色、好みの色は優先したいし

顔に近いところに小物をもってきて調整する余地はあるので

服を全捨て、なんてことはしない。できない。



プロに言われたからもうその色しか着ない

のではなく


何よりワタシ自身が

この色ってどうよ

と疑問を抱きながら身につけていたことが多かったので
・ ・・だったら最初から選ばなければいいのに


あぁ、やっぱりね。

と、納得なのだ。




日当たりのいい窓辺でさっさかさっさか
いろんな色の生地をスピーディーに当てて顔映りを見ていくと
ある色味になると一瞬にして顔色が悪くなり、
というより
肌が落ち、法令線が浮かび上がるのには驚いた。


なんだか疲れてない?
と言われるときは、案外服の色が左右してることもあるとか。
わかるわかる。
こんなに布一枚で顔が老け込むなんて。




他にも、合う素材合わない素材も教えてもらった。


ざっくり感のあるものよりはトレ〜ンとしたものを。
綿素材のものもNG。

とか

パールが合う

とか



あら、やだぁ、シルクとかカシミアとか?
ワタシったら、高級なものしか似合わないのか?


某格安量販店のTシャツを家着と称して
その辺を出歩いていたのにどうするよ。

いや、レーヨンで十分らしいけどね。





f0110840_616125.jpg






実はこのカラー診断、二回めだ。

初めて診てもらってからまだ一年も経っていない。
前回は別のプロに診てもらったのだけどどうもしっくりこなくて
セカンドオピニオンのつもりで行ったのだ。


案の定、

全く違うことを言われた。


人の肌なんて大した差はないので
診る人の主観や季節、その日の天気、本人の体調によっても
診断結果は違ってくるはず。


その程度のものなのだ。
迷うから誰かに決めてほしかったのかも。

病院選びと同じで
信頼できそうな人に

アレダメ、これアリ、と言われるとなんだか元気が湧いてくる。

ある種の信仰だな。


さて、せっかくの教えを生かしてワードローブに反映させていこうか。




写真は簡単エプロン。すぐに縫えるよと友人に教えてもらったもの。
端布ですぐに3枚もできた。

[PR]

by dorothy_pc06 | 2011-11-04 06:20 | どうでもいい