そもそものつまづき

雨が降らないと思って洗濯物を干していたら、
外出中に雨が降っていた。
いかにも降りそうな天気だっただけに、
「降らない」と読んだ自分の浅はかさに脱力。

目的地までの時間を逆算し出発したつもりが、
意外に道が混んでいてこれまた読みの甘さに脱力。

帰りは気をつけよう。
あそこのポイントで まだ混んでいたら迂回路をとろう、と決めて決行。
なのにその迂回路が思いの外遠回りで、
これならまともに帰っても一緒だったと自分のあわて癖に脱力。

f0110840_20481379.jpg



そういや、朝から思うようにコトが運ばなかった。
時間がない!車で送ってくれと不意に言われ、大あわて。
送りついでにアレしてコレしてと用事を済ませたいのに準備もできてない。
しかもまだ人前に出られる顔でも格好でもない。
あんなとこまで行くのに送って帰るだけなんてもったいない。
出直して行かねばと思うとまたまた脱力だ。
あぁ、こんなことなら早くからきちんとしておくんだった。


負の連鎖か、脱力の連鎖か。何故だろう。
出だしは好調だったはず。
頭の中でたてたスケジュール通り朝から仕事をこなす。
弁当を作る前に洗濯物を洗濯機に放り込み、運転開始。
段取りできてるパキパキ主婦じゃ〜ん。
暗いうちから気持ちよく干せる準備は万端。


いや、よく考えたら、今日の一番の脱力は・・・


f0110840_20483952.jpg




静かになった洗濯機を開けて
ポケットティッシュまで一緒に洗ってしまっていたことに気づいたときだ。
しかもタオルのモケモケを避け、
わざわざ黒いものばかりを洗ってる時だったこともがっかり度を増した。

せっかくの黒いティーシャツが
黒いパンツが(下着でない)
黒いトレーナーが・・・
チラチラとまるで花吹雪にまみれたよう。


あれが一番やる気をなくす。
あれがコトの始まりだ。
[PR]

by dorothy_pc06 | 2006-11-28 22:01 | どうでもいい