刺激を求めて

久々の遠出なのでずいぶん前から落ち着かなかった。
忘れ物はなかろうか。
現地までの道のりはわかるだろうか。
車中読む本も手に入れなくては。
荷物が多くなる、バッグはどうしよう。
心配は尽きない。

f0110840_2311259.jpg



そもそもこの地へ向かう特急列車に乗るのに思い切りが要る。
ワタシにとっては小旅行どころか大旅行だ。
友人はいつも平気で出かけ食事をして早い時間に帰ってくる。
よそのブログをのぞいても皆さん気軽にここを訪れている。

ワタシなんか何年ぶりだろう。
若い頃は平気でやってきてたのに。

f0110840_2314119.jpg



それにここは遠いだけでなく冬は寒い。
寒い→冷える→肩が凝る→頭痛い
なんてことになったら大変だ。

寒いことに関してワタシは慎重だ。
どんな場面にも対応出来るようバリエーションを持たせなければならない。
ジャケットにマフラー、イヤマフも。
室内で寒いと悲しいから、もう一枚カーディガン。
万が一のための貼るカイロと貼らないカイロ。
しまった!
足裏カイロを切らしている・・・。
それなら分厚いハイソックスだ。


おかげで荷物はパンパンだったが、安心して楽しめることができた。


それにしても久々に乗ったロマンスカーは熱くてムンムンだ。
乗客も多く混み込みだから途中でコートを脱ぐのもはばかられ、汗びっしょりだ。
カイロなんて貼らなくてよかった。

f0110840_231275.jpg


そう言えば今年の夏に、この辺りでのランチのお誘いを受けた。
そんな遠いところに、ムリムリと断ってしまった。
海を渡って来られる方に誘われて遠いもなかろうと我ながら情けなかったのだが。
もったいないことしたナと今さら思う。

行ってみたらそんなに遠くなかった。
そんなに気構えなくてもいつでも行ける。
これからはフットワークの軽い「おでかけマダム」を目指さなくては。
[PR]

by dorothy_pc06 | 2006-11-29 06:35 | どうでもいい