似てるけど違う。

知人宅でねずみが出たらしい。
ちっさいカワイイねずみらしいが、やっぱりなんとなく気持ちが悪い。
ハムスターを飼ってたこともあるけど
野良ねずみはねずみだ。

是非とも猫を飼うように、と勧めておいた。


近ごろ子猫を触っていない。
毛虫のように産毛が立った、ふにゃふにゃの爪の猫。
そう言えば、猫の美醜がわからないという人がいた。
この子、かわいい顔♪
と言っても首をかしげるだけなので驚いたことがある。

出ていった猫を家族で探し回っていたら
一家のオトウサンが「ようやく見つけた」と別の猫を連れてきたってのも
聞いたことがある。
「だいたい顔がちがうだろ」と家族が指摘したが
「いや、この子だ」と断言したとか。
それで連れて来られる猫も猫だが・・。



f0110840_22274072.jpg




区別がつきにくいのだろうか。

以前、出会った外国人の子どもが
日本人はみな、同じ顔で区別がつかない
とうっかり私たちの前で口をすべらせ、親に叱られていた。
私たちだって外国人はすべてアメリカ人だと思ってるから別にいいんだが。
近ごろじゃ日本人でも若い女の子の区別ができないし。



ずっと前、柴犬が迷い込んできた。
雷の夜に飛び出たようだ。
しばらく迷い犬の貼り紙をしていたら
ある一家が、必死になって犬に面会に来た。
別犬だったのだが、同じ柴犬だったらしく
「これでもいいか?」と家族会議をしていた。
それていいのか。

近所の、いつも通行人に吠えてる、皮膚病でハゲハゲのワンコ。
久しぶりに見たら色濃くふさふさになって
精気を取り戻していた。
まさかの復活。
こんなによみがえって・・・と思って飼い主に言うと

いえ、これは2代目です。
前のは昨年、亡くなりました。

と、笑われた。

見てるようで見てないのだ。
[PR]

by dorothy_pc06 | 2007-06-21 22:28 | ペット