カテゴリ:食べる( 46 )

苺づくしなので

久しぶりにデパ地下を歩いた。
恐ろしい人混みにクラクラして、5分も経ったら帰りたくなってくる。
おいしそうな生ケーキを買いたくてのぞいてみたら
これでもかと言うくらいいちごいちご・・・いちご地獄だ。


f0110840_1539013.jpg




せっかくなのでいちごのケーキを選んだ。
家に帰って紅茶と一緒に食べよう。
今日はやたら寒くて外を歩くと耳がちぎれそう。
まだまだ冬コートもブーツも身につけた人ばかりだ。


f0110840_15392411.jpg



そう言えば、いちごのケーキでこんなのもあった。
友人が作ってくれたケーキ。


f0110840_15394275.jpg



大きさで言うと

これくらい・・・・・。


f0110840_15395610.jpg


なかなかよくできてるでショ。
[PR]

by dorothy_pc06 | 2007-03-11 15:51 | 食べる

あっかんべ〜

f0110840_7233169.jpg




うまいと評判のパン屋に連れてもらった。
小さめの店構えにたくさんのパン。
通路も狭く他の客ともすれちがえない。

食後の買い物で満腹なはずなのに
ついついトレーに取りこんでしまう。
遠くのパン屋に来ると
しこたま買ってしまうのも貧乏性のクセか。



f0110840_7261594.jpg

[PR]

by dorothy_pc06 | 2007-03-09 07:26 | 食べる

ランチ

カメラ仲間と出かけると、当然写真ありきのランチになる。
運ばれてきたごちそうが冷めようがどうしようが、まずは撮りたい。
できるだけ皆で違うモノを注文し、多くの被写体をとらえたい。
それが思う存分、遠慮することなくできるのはうれしい。

もともとデジカメになる前からカメラは好きで(注:機械としてはまったく無知
ブログを始める前から、よそ様のお宅やご馳走を撮り貯めていた。
そのくせでカメラはいつも入っている。

けどなかなかツレがいないと出先でカメラを一人だけ取り出すのはまだまだ勇気が要る。
とある集まりで注文したランチ。
きっと最後まで撮れないかもと思っていたらやっぱり。
パスタだけ撮って満足していた。メインを撮ってないし・・。


f0110840_1029138.jpg




ちなみにちょっと前の夕飯。
不意の来客も一緒にどうぞと言いつつ何もなかったのであり合わせをすべて炒めたパスタ。
キャベツ、しらす、白ネギ、梅干し、エビ、ブロッコリー。


f0110840_103042.jpg





と、家にいるときは撮るモノがなくてもむりやり撮るのだが。
出先ではついつい食い気に走ってしまい、無くなったあとで気付くことがおおい。
そしてたいがいお手洗いへ立ち、そこで思い出しおもむろに撮影。


f0110840_17593979.jpg



f0110840_17592745.jpg




話を戻して
楽しいランチで一人の方からみんなへのプレゼント。


f0110840_10342754.jpg




花材が余ったから・・・ってかっこいい。
色合いもシックで素敵。
こういうのが余る趣味っておしゃれだな。



ワタシなら糸くずが余る?
体力が余ったからと、運動してみせる?・・・・

[PR]

by dorothy_pc06 | 2007-03-05 11:33 | 食べる

ひな祭りイブ

明日は3月3日、桃の節句。
がが、家族がそろわないので前日の今日、それ風な食事をした。

やっつけちらし寿司。

f0110840_2001099.jpg



菜の花はどうも人気がないのでブロッコリーを入れる。



昼間ワタシはよそのお宅で菜の花としらすのうま〜いパスタを食ったので未練はない。

f0110840_2011155.jpg




さてさて我が家のおひな様。


f0110840_2014210.jpg




全員を写したら

f0110840_2036100.jpg



ちゃ〜んとこんな大所帯。




ささっ、とっととヨメに嫁けるようかたづけなくては。




f0110840_2035772.jpg




え?
どこにあるかわからない?



よ〜く目をこらして頂くと



ここに・・・。
f0110840_2043098.jpg




ま、今年はこんなもんでどうだろう。

雛人形までやっつけだ・・・。
[PR]

by dorothy_pc06 | 2007-03-02 20:07 | 食べる

ちよ子の行列

f0110840_2212372.jpg

[PR]

by dorothy_pc06 | 2007-02-23 22:21 | 食べる

目玉おやじの行列

f0110840_16535748.jpg

[PR]

by dorothy_pc06 | 2007-02-16 11:57 | 食べる

白玉抹茶あずきパフェ

近くの友人が白玉粉と抹茶アイスと、家で炊いた小豆をかかえてやってきた。
おいしいパフェが食べられる〜。

白玉粉は耳たぶの固さ、と書いてるけど
ソレよりもう少し水を増やした方が柔らかくて旨いよね。
と、調子に乗って水増ししすぎた。

まるですいとん料理のようになってしまった。
もちろん味はめちゃウマ。
目をつぶればとろり〜んとして柔らかい舌触りの白玉団子。
ほどよい固さの甘さが控えられた小豆と
苦みのある抹茶のアイスが大人の風味。

ちょっと加工して写真を撮ってみた。


f0110840_19555670.jpg



これならドロドロの白玉流れ団子と見破られまい。

このあとキッチンへ行ったら
残りの白玉団子がすべて一体化してた。




ついでに頂き物のチョコもちょこっと加工を。
こういう遊びもおもしろい。

f0110840_9571721.jpg




せめてチョコをまっすぐ並べるべきだった。
ツメの甘さも性格なので。
[PR]

by dorothy_pc06 | 2007-02-10 07:26 | 食べる

ケーキ

飽きずに白黒で・・・


f0110840_21331353.jpg



f0110840_7131181.jpg




f0110840_21332431.jpg




f0110840_7132437.jpg

[PR]

by dorothy_pc06 | 2007-02-02 06:27 | 食べる

パン屋考

近くのパン屋でコルネを買った。
初めて入る店でうまいかどうかはわからない。
もし合格ならリピーターになってやろう。

レジ横のかごに空洞のままのコルネの皮(というのか?)が置いてある。
ここのは円柱形ではなく円錐形だ。
食べ進むに従って端からクリームがこぼれず食べやすいかも知れない。

目の前でオネエチャンがクリームを入れてくれる。
しかしこの違和感はなに、なんだろう。

そのオネエチャン、素手でコルネをギュッと掴んでいるのだ。
この、世の中が異常に過敏に「清潔」に反応している、この時代に。
しかもノロなんてのもちょっと前に流行っていたのに。
ギュッとだ。
途中で気付くかと思ったが1本、2本・・・と最後まで、しつこいが
素手でギュッとだった。
今どき、珍しい。


f0110840_18594028.jpg



この間行った別のパン屋はとても清潔そうだった。
うまいと評判らしく客でにぎわっている。
厨房と陳列台の間に仕切りはなく
商品のパンの向こう側でこねて、丸めて、作っている。
なかなかうまいレイアウトで、見せ場があった。
流行っているのもよくわかる。
ビニール手袋ももちろん着用だった。
買って帰ったパンもめちゃウマだった。


↑写真は旨い方のパン屋のもの
[PR]

by dorothy_pc06 | 2007-01-19 19:00 | 食べる

シェフへの詫び状

複数で食べ物屋さんに入ったら人の注文するものが気になる。
食べたいものが決まっていれば迷う余地もないが
決めかねていると、もっと他によさそうなのがあるような気がして
決断は難しい。


学生時代、話題のパスタ専門店へ行きワクワクした。
学校の帰り道、アイスクリームの店で何十種類から選ぶのも幸せだった。
たいがいはいつも似たようなのに落ち着くのだが
他にもまだたくさんある、と思うと落ち着かない。
これがもともといつも食べる2種類だけのメニューだとこんなに誘惑されないだろう。
たくさんの中から選べる過程がうれしいのだ。



近ごろは年のせいか、いつまでも迷ってるのもうっとうしく
随分早く決められるようになった。
その代わり、ツレの皿にも遠慮無く手を付けれるようになった。
けど、これもちょっと気を使う。
味は見たいが一番おいし気なところは頼んだ本人に取っておかなくてはいけない。
端っこを遠慮してとると味がわかるようなわからないような、だ。




先日入った店では皆の意見が一致して同じコースを注文した。
オードブル、メインなどいくつかの中から選べるメニューをすべて違うモノにした。
やっほ〜、これなら全部の味を見られるゾ。
もちろん、他の方は被写体としてたくさんをと思われたのだろう
たっぷり撮り倒したあげく、それぞれが目の前の皿の料理を人数分に切り分けた。
さして気を使わずに喰える面々だったので、適当に分け、
ガンガン各皿に投げ入れた。(ちょっと脚色あり、投げてない)



結果がこのざま。



f0110840_20211629.jpg





まるで食後のような散らかりっぷりだが、そうではない。
奥まった席だからよかったものの
シェフがこれを見たら怒りで卒倒したのではなかろうか。
等分にわけられるわけもなく、いがんだり、ひきちぎられたり、
それぞれのソースが流れ合い、味が微妙に混ざっていく。
しかも分けると妙に量が少ない。


給仕に退かれていく、ソースが一面にひろがる皿を見送りながら
ちょっと申し訳なかったり・・・


それでもすべての味を見られたのでとっても満足だった。
[PR]

by dorothy_pc06 | 2006-12-25 07:30 | 食べる