<   2007年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

さようなら

またまたPC壊れました。
修理します。

しばらく更新できません。
[PR]

by dorothy_pc06 | 2007-07-29 16:31 | どうでもいい

禁断の・・・

パンも焼けないし、編み物もできないが
ビーズも作れない。

やはり算数が苦手なワタシ、3D的にものを見ることができないようだ。
建築士なんてなってみたいし、我が子がなってくれたらうれしいけど
遺伝的なことを考えると十回くらい生まれ変わらないとあり得ないだろう。
そう言えば、デザイナーは立体的に考えて絵を描けないといけないから
建築の勉強もする人が多いと聞いたことがある。
さらにはデザイナーにもなれないということか。なるのか、今さら

ケーキを時々焼くし、イジイジした刺繍やアップリケをするので
きっと好きだろうと誤解されるのだけど実際はまったくだめ。
生涯、てぐすを持つこともなかろうと思っていたのだが
ふとしたことからアクセサリー作りに手を出してしまった。


友人に連れてもらったその店は輸入のパーツが並び
どこを見てもおいしそうな色合いで
ヨダレが出そうだった。
漠然と考えてるだけではわけが分からなくなりそうなので
近ごろ気になる緑色をテーマに選んでみた。


f0110840_20274966.jpg




お店のオネエサンも本当に親切に楽しそうに付き合ってくれる。

やっぱりこっち、これをやめて、あ・・やっぱり・・・

などと迷いに迷っても、怒り出さずに延々と付き合ってくれる。いい人だ・・・
ワタシがもしも
ものすごく器用で小さいパーツが大好きでアクセサリー作りが得意なら
是非ここに就職したい♪と思ってしまったほどだ。
だが、それほどでもないのは明らかなので
とりあえず、選んで帰ることにした。

いくら無謀なワタシでも一人では始めない。
ウデに覚えのある友人宅へ強引に押しかけワンデーレッスンだ。


f0110840_20283078.jpg



当然ながらカンをねじって通すだけの簡単なもの。
最初はこの程度で十分。
この季節には気軽につけれて十分だ。


さぁ、次はシナモンロールだ。
[PR]

by dorothy_pc06 | 2007-07-18 20:30 | つくる

しばらく失礼します

パソコンの調子が悪いので

というより一切眠ったまま応答がないので

しばらく放置します。

あしからず。
[PR]

by dorothy_pc06 | 2007-07-12 19:37 | どうでもいい

モーニングランチ

もともと几帳面なワタシなので食事は毎回きっちりと摂りたい。
空腹であろうがなかろうが
朝、目覚めれば朝食。
12時が来れば昼食。
夜はできれば6時に夕食。

不思議と定刻前なら平気だが
ちょっとでも過ぎると
食べてない、食べてない・・・と焦ってしまう。
寛容なワタシなのでメニューにはこだわらない。
お茶漬け一杯でも流し込んでいれば
「今日の昼食は完了」と安心する。

もちろん近ごろは家人の生活リズムも変化しそれに伴い食事時間も変動する。
融通の利くワタシは当然ながらそれに合わせて準備するのだが
マイ定刻には親指ほどのおにぎりでも口に入れておけば納得だ。


ところで先日、遠方の友人からデートの誘いを頂いた。
ちょうど通過地点なので途中下車してくれるという。
土地勘が無いので自分の行動範囲を超える地に住む人に
何でもない日に会えるなんて不思議な感じ。
時間の都合で10時待ち合わせ、モーニングしましょうということになった。
なんておしゃれな逢瀬だろう。

当然ながらその日二度目の朝ご飯を摂った。


f0110840_742244.jpg



エビとアボカドの取り合わせと聞くと注文せずにはいられない。
ごまパンにエビアボとツナ、コーン、レタスなどなどのサンドを選択。

アボカドの食べ頃は難しい。
いや、食べたいときに食べ頃のアボカドに巡り会うのは難しい。
明日のお客にアボカド使いたいけど店に並んでるのはみなカタイ
とか
もう一日早く来てくれればこれが食べ頃だったのに・・・
とか。
この日のアボカドも「スイカの皮、入ってますよ」って感じ。
2日後くらいにデートを設定してればちょうどよかったかもね。




f0110840_742429.jpg



オサレなカフェだが朝の10時からやってくる客はそうそういない。
最初から最後まで貸し切り状態だ。
コレはいい。




f0110840_743095.jpg


話しながら、食べながら、
カウンターの引き出しが↑気になって仕方がない。

このライトも感じいい。
この手のガラスは自宅には勇気がいる。
地震でなくても誰かが割ってしまいそう。
それに指紋やほこりもごまかせないかな。



f0110840_7431825.jpg




お手洗いは案外ふつうっぽい。
もう少し考慮の余地アリだ。余計なお世話だろう

f0110840_7433488.jpg



楽しいひと時を過ごし自宅に帰って

当然ながらその日最初の昼御飯を摂った。
[PR]

by dorothy_pc06 | 2007-07-10 07:42 | 食べる

我が家のヒミツ

この間から気になっていたのだが




大きな声で言えないが





我が家が







臭い。





どこかでニオう。

生ゴミのようなもう少し動物系のような・・。
ミカンがどっかで腐ってるにしてはちょっと強烈。
犬らがどこかで粗相したか、と疑って点検したけど濡れ衣。


ようやく気付いたのが、やっぱり台所の生ゴミ。
先日魚をおろしたときのアラが腐ってるらしい。

かなりすごい。
チョイ前の真夏日でやられたらしい。
ゴミの日まで冷蔵庫に入れておけばよかった。


今さら勝手口の外に出しておくのも怖い。
お隣さんも鼻が曲がるかもしれないし。
ニオうんですけど、なんて言われたら恥ずかしすぎる。


f0110840_20311711.jpg



たいがいの家庭ではベランダとか勝手口のとこにバケツを置いて
その中にほうりこんでると思うのだが、それができない。
以前それをし、ぱかっとフタを開けた途端、ゴキブリが走り出たことがあって
あれ以来バケツを信用していない。

カラスがつつかないように金網のケースも買ったけど
いつも出す癖がないとついそのまま忘れてしまいそう。
なのでユーティリティにゴミ袋をおいてる。





遺体が家の中で発見された事件のニュースなどで
近所の人が「なんか臭うってみんなで言ってたんですヨ」などと言ってるけど
魚のアラでこんなに臭いのに、さぞやすごかったろうと
不謹慎ながら見知らぬご近所さんに同情する。


うちのお隣さん、これはただの生ゴミですから・・・ご心配なく。




なんか臭い・・・
と子も気付きだした。

生ゴミの日まであと一日。耐えろ。
[PR]

by dorothy_pc06 | 2007-07-04 06:15 | どうでもいい

かもめ食堂

ようやくかもめ食堂を観終えた。

以前、お友達のマダム邸でちらと観せていただいたり
親戚のコから推薦されたりで気になってた映画だ。

非常に面白く心がほっこりする映画だった。
ストーリーらしいストーリーはなく、心をかき乱す展開はナニもない。
フィンランド・ヘルシンキで小林聡美がカフェを営業し
そこにやってくる人たちとのナニも起こらない話。
アクション好きや恋愛ものを求める人には退屈きわまりないものだ。



f0110840_7292154.jpg




たまたま知り合った片桐はいりやもたいまさこが店を手伝うのだが
3人の距離感が洗練されてて大人だ。
最後まで「ですます」調で会話をし、どこから来たのか、
どうしてそこにいるのか立ち入ったことを聞かない。
いいなと思いつつ、ワタシがこの中にいたら上手にお付き合いができるかな。
ついつい要らぬコトを聞いてしまいそうだと勝手にコンプレックスを持った。


インテリアもいい。
店の腰板のブルーの加減もちょうどいい。
テーブルやいすの木の質感もいい。
磨かれた鍋、フライパン、おたまやフライ返し、
小林聡美がつけてるエプロンもどれも気になる。
ライトが、そこのラグが、窓辺のトピアリーが・・・
ちょっと待って、と静止画面でじっと眺めていても飽きない。

小林聡美の所作も潔くかっこいい。
きちんとたたまれた布巾やまとめた髪。
料理を作る時のムダのない、細やかな動き。
正面から向かう、凛とした姿。
きちんと菜箸を揃えて置くしぐさも美しい。
グラスをキュッキュッとこれでもかと拭く。
テーブルの上を常に拭く。

普通のことを丁寧に、心を込めて、平常心で。
ゆっくりおいしい家庭料理を作りたくなる。
鮭を焼きたくなり、トンカツを揚げたくなり、おにぎりをにぎりたくなる。
そしてエプロンがほしくなる。安いからと言ってニトリで買ってる場合じゃない。
そしてそしてシナモンロールを焼きたくなる。

思わず近所の友人のパン焼き名人に
シナモンロールを教えて
とメールをしてしまった。

購入するとメイキングもおまけでついてくる。
フィンランドの名所散策や
舞台になったカフェの撮影風景などなど満載。
買ってよかったなぁ・・・。


f0110840_7301824.jpg



こういうまったりした映画は大好きだ。
他に気に入ってるのはマグノリアの花たちとか
ドライビング・ミス・デイジーとか
八月の鯨だ。これらもお勧め。

受け付けない人には全くダメと言った平穏なものばかり。
インテリアがかわいくて劇的な変化もない映画。
どれくらい静かというと
以前、これは絶対にいいからと強引に「八月の鯨」の家庭内試写会をして
オットより先に爆睡したほどだ。
でも、最初に観た時は間違いなくよかった。

ドラマでも時々この手のタイプがある。
「すいか」というこれまた小林聡美の主演のものだ。
筋らしい筋もない、まったり系のドラマ。

ほけ〜っとしたいときに、こういうのはいい。


そうだ、すいかのDVDを買おう。
[PR]

by dorothy_pc06 | 2007-07-02 07:31 | どうでもいい