<   2012年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

抜けがけ

友達が素敵なお店を始めてしまったので

是非、遊びに行こうと別の友達と約束していたのだけど

またまた別の友達から誘われてうっかり出かけてしまった

かっこいいトコ。





f0110840_2074136.jpg







古いビルのエントランスホールはしーんと静かでなんだか幻想的。




階段の踊り場の窓は古びていて





f0110840_2095958.jpg





ペンキのはげはげが雰囲気を増す。






冷たい階段を上がった廊下は愛想があるような、冷たいような。

彼女のお店のドアはどれかな・・・。





f0110840_20115455.jpg





昔、こんな学校に通ったような、懐かしい感じ。






なんとなく試験中の冬の校舎を思い出したのだった。






で、


結局、誰の、何の店だ?

と思われた方・・・






お店はこちら→ 
[PR]

by dorothy_pc06 | 2012-12-28 20:15 | どうでもいい

ブレスレット

どんな感じになるかな?と聞かれたので試しに作ってみたブレスレット。



ご本家のはかなりよいお値段なので

ソレ風で、とのこと。


ビーズ屋さんでもキットがたくさんおいてるもんね。





で、一つ作ると、別の色で試したくなり・・・



f0110840_6592762.jpg







こんなことに。






家にあるボタンを使って





f0110840_703690.jpg








この後も

いつもの通り増殖し続け、

いつもの

こんなにあってどうするんだ地獄へ。
[PR]

by dorothy_pc06 | 2012-12-26 15:58 | つくる

ビフォーアフター

before



f0110840_6532834.jpg










そして



after






f0110840_6535917.jpg

室内でなくテーブルの上でもなく、イヌの話です






今年も年賀状のモデルをつとめる予定。
[PR]

by dorothy_pc06 | 2012-12-24 10:56 | つくる

言葉の選び方

小さい頃からお片付け本を読むのが好きで未だに読んでる。

近頃ブームでいろんな本が溢れてるから退屈しない。
いや、むしろその本のせいで家がちらかってるくらい。


メディアに登場するカリスマの方々を見ていると

たいがい「小さい頃から好きで」ということなので


生い立ちとしてはそう変わらなさそうだ。

好きが高じてそういうお仕事に、という自然な流れだ。


そうはならなかったワタシは「お片付け」が好きなのではなく

「お片付け本を読む」のが好きだと推測する。

なんて読書家なワタシ。





f0110840_6245785.jpg







さて、この手の本を読んだり講義を聴いたりすると受けたのか、講義


耳にするのが


俯瞰する

落とし込む




という耳に新たな言葉。

普段の生活にはなかなか登場しなかった。


なんだかプロでコアな感じで、とってもそういう気分が盛り上がる。


「落とし込む」って言うとPCとかCDとかデータとかに

使ってたかなぁ、使ってなかったかなぁ・・・。

「録音」とか「ダビング」なら会話に出てきたけどな・・・







ぴったりで独特で使用感がない言葉を聞くと

とても説得力があって響く。

非日常感が連れてってくれる新たな自分。

適した言葉の発見は効果絶大だ。




他にもある、そういう気分が盛り上がる言葉。


以前にも書いたのだけど

デパートの化粧品屋さんでよく聞く


お悩みもそうだ。


シミ、シワと言わず、

ここのお悩みが消えます・・・って風にね。

いや、普段使わないって・・・。






もったいないもそうだ。


言葉自身は家庭でもよく使う。

これまだ使えるのに捨てるなんて「もったいない」、
誰もいないのに電気が点いてて「もったいない」とかとか。



同じ「もったいない」でも

パーソナルカラーや、ファッション系で耳にする時は


ダメ、似合わない、顔色悪い、老けてる、

と言う代わりに登場する。


こちらの方がずっと素敵に見えます、そちらではもったいない・・・、てね。


そんな風に言われると
ダメだしされてるのに上げられた気分になる。

言葉のマジックだな。





そう言えば、ずっと以前から気になっていた言葉。


某国営局の大晦日の歌番組。

この季節、誰が出るとか出ないとか
他のテレビ局ですら取り上げてニュースにしてるのだから一大イベントだ。

長年続いた番組をさらにありがたく感じさせてるのは


出演ではなく出場って言葉でないかと常々思う。




この言葉の差別化でさらに格上げされてる感じ。

「選ばれた」優越感でなんとなく視聴者を納得させてしまう。

もし「出演者」って言葉を使ってたらもう少し違った感じだったかも。





うまく「発見」した言葉だと毎年感心する。
[PR]

by dorothy_pc06 | 2012-12-21 06:26 | どうでもいい

オトナの部屋

部屋へ入ったらいきなり目に入るシックで華やかな絵。




f0110840_12252495.jpg




いや、絵かどうかも一瞬わからなかった。

手前の銀色の鹿?トナカイ?も繊細だ。


得体が知れないけどなんだか素敵。



先日伺った料理レッスン。→




さり気ないのに見れば見るほど見ほれてしまう。

近づいてまじまじと見入るのもいいけど


部屋の端から眺めるのもいい。




ここはいつも落ち着いたオトナの空間だ。




毎月、この部屋に足を踏み入れるだけで異次元へ来たような気分。


インテリアやテーブルのしつらえを見せてもらうだけでも十分なくらい。

その上、お料理も習えるなんて感激だ。
そこはまぁ、料理教室だから・・・




そして別の角度から見ると




f0110840_12335676.jpg







色数を抑えてるので赤が効いてる。

こんなクリスマス、やったことない。


しかもぎゅっと束ねたら手を切りそうな赤い葉っぱ。
昼間なのに点いてるライト。

かっこよくね?



あぁ、こんな

背の高いモダンなグリーン赤いけどを配した


オサレな部屋にしたいことよ。なんだか古文の訳みたい





その日は刺激たくさんのレッスンでやる気満々で帰宅したのだった。




あ、料理の写真がないけど・・・。



カテゴリーも迷わず「つくる」でなく「食べる」だ。
[PR]

by dorothy_pc06 | 2012-12-20 06:09 | 食べる

美味しいランチ

久々に会う友人と行ったお昼ご飯。


近頃、年のせいか胃腸が弱い。

なので

ヘビーでリッチで

ボリューミーなご飯じゃないもの



というお願いをして選んでくれた店。
文句を言うわりに人任せ。





サクサク入って、胃ももたれず、また来たいと思った。




で、


そこのビルのトイレに行こうとして




途中、目に付いたのがコレ。






f0110840_1111157.jpg






うわ、可愛いマーク。





トイレマークもやっぱり可愛い。





f0110840_112747.jpg

ボケボケだけど






標識好きとしてはテンションが上がるマーク。





昨日は

別の新しくオープンしたビルに入ったのだけど


トイレマークがフツーでちょっとがっかり。


かなりいろんなとこが凝ってるのに、なんでこんなの?

ワタシ的にはかなりこだわってほしいポイントなんだが。


やっぱ、こういう細かいとこ手を抜いたらダメでないか?





あ・・・そう言えば




美味しかったお料理は




f0110840_1135139.jpg



こんなのや






f0110840_11415100.jpg




こんなの。
[PR]

by dorothy_pc06 | 2012-12-19 06:32 | 食べる

ジングルベル

毎年、年賀状はもうやめようかと思う11月。




f0110840_9594530.jpg




印刷された宛名書きに、印刷されたご挨拶。

中には、ワタシの友達のはずなのに

宛名がオット宛になってるのもあったりして。オイオイ。



我が家では一家まとめて同じデザインの賀状なので

だらだらと全員の名前が印刷されたものを毎年作っている。


住所管理をする際、適当に筆頭の名前を入れたのだろう。
翌年からはpcが勝手に印刷してくれるもんな。


こんなやりとりって意味があるのか。この件に関しては「ない」な。



f0110840_1033780.jpg






年賀状だけの付き合いの人ってどう。

と一時思ったけど


しょっちゅう会う人は、年明けそうそうにでも挨拶するチャンスもある。


なかなか会えない人にこそ年にたった一度の行き交いもよいか

と思い直したり。






12月になると

年賀状書いた?


というのが友人との定番の挨拶で

お互いどんよりと不機嫌になってくる。


まだ

大掃除した?

の方が良心の呵責を感じないくらいだよ。




テレビを点けたら

CMに、年賀状書けだの、プリントアウトしろだの迫られ、


郵便局に行ったら

年賀状のご準備は大丈夫ですか?

と要らぬお節介を受け、


ポストを開ければいつまでに投函、と督促状いや、チラシが入ってるし。




などと思いながら


今年も結局準備をした。



ちょっといつもと違った写真を撮ろうと思った割に


出来上がりが、去年とほとんど区別がつかず驚いた。

きっと毎年同じこと考えてるんだ・・・。




そんなこんなで近頃はクリスマスなんてハロウィンくらい素通り。


昨日は用事で友人にメールをしたら


今、デパートで両親や子供へのプレゼントを探してるとこ、きまらな〜い


なんて外国映画みたいなメールが来て愕然とした。





そこでふと思い出してリースを飾ってみた。

真っ赤なのがかなり気に入っているのだ。



大事にしまっていたつもりだけどよくよく見ると


ぽろぽろと欠けてる。






f0110840_10234626.jpg








ま、遠目に見たらわからないし。


年賀状よりずっと簡単な手順で準備が完了できて好ましいこと。
[PR]

by dorothy_pc06 | 2012-12-18 10:32 | どうでもいい

カテゴリーは「つくってない」

可愛いマフラー発見。




f0110840_8494913.jpg





先っぽにビーズを重ねてドールだな。




こんなのや



f0110840_8503043.jpg






あんなのや





f0110840_8504882.jpg







プリティーだな。

何度見ても飽きないこと。




ワタシが作ったんじゃないけど。



ワタシのじゃないけど。





作ろうと思わないけど・・・・。




使おうと思わないけど・・・。





クリーニングがめんどくさそうでね。
[PR]

by dorothy_pc06 | 2012-12-15 08:53 | つくる

玉手箱

先日、おもしろ講座→で教えを請うた先生が

胸元にされていた、羨ましいブローチ。→


コーディネイトも美しく、とってもお似合いだったので

ワタシもあんなのが欲しい♪

と、密かに思っていた。


あれから時々手芸屋さんを覗いては似たような色合いの生地を探していたのだが

考えたら

それに似合う服を持ってないし、

だいたいあんな華やかな色は負けてしまうんでない?


ってことに気づいたので

家にあるリボンやらなんやらをぐりぐりとミシンで縫い付けてみた。




こんなの。
f0110840_23365095.jpg




なかなか気に入った。

時々、人にも褒めてもらえるし。




最近のブームはブローチ。


茶とかベージュで・・・とお友達に頼まれて作ったのはコレ。



f0110840_23402254.jpg






それで気分が乗ったので新たにブルーのリボンで作ってみた。


それから


刺繍糸をぼんぼりのように巻いてちょんちょんと切ったもの。



f0110840_2342094.jpg





結構重宝している。





ところで





このブローチが乗ってる箱。


近頃はこんな可愛いものが百円均一のお店で買えるのネ。



ちょっとキャス風の柄で、強度もかなりしっかりしている。


丸いのも100円なら



f0110840_23435167.jpg





四角いのも百円。



ケーキを焼いてどこかへ持ってく時には便利かもぉ♪


なんて思ってテーブルの上に置いてたら



あらあら不思議、


色んなモノが中に集まってくる。


手芸の途中のものや、レシートや、湿布まで・・・・。


あれれ・・・
[PR]

by dorothy_pc06 | 2012-12-14 07:07 | つくる

ファッション講座

夏に知り合ったきれいなオネエサンと何度かお会いするうちに、

「面白そうな講座を開いてあげましょう」と

言ってくれたので(そんな言い方はしなかったけど)喜んで参加してきた。→


・・・あれはもう先月の話だったか。

遠方から参加された方もいて、ファン待望の講座だな。


素人にもわかるように敷居を低くして、親しみやすい題材でお話してくれた。





f0110840_2137468.jpg




 
PCで画像を確認しながら丁寧に説明してくれるのだけどこれがまた細かい。

事前にDVDを観なおしたつもりだが

バランスだとか色あわせの妙だとか見逃してることだらけ。


というか、いろんなことに気がつかないってのは

既にもうそういうセンスが無いってことだな。





f0110840_2146333.jpg







そしてレッスンの後にはスイーツも。



f0110840_2143739.jpg


これでもかというほどのワッフル三昧




とても興味深く楽しくてたまらないレッスンに次への期待は膨らむ。


是非、お勧めなこの講座。

ほぉ?と思われた方、次回は是非ご一緒に。

で、次回はいつだ?




レッスン終了後は急がない3人でお茶をした。

講師のオネエサン

一緒にレッスンを受けた美人の姐さんお姉さん

そして、ワタシ。


なんて贅沢なんでしょ。

ワクワク講座の後に

プロ二人のお話をお茶を飲みながら聴けるなんて。ありがたや。



このお二人、職業や写真から想像するより・・・若干ゆるさ、ぬるさ

・・・イエイエ、なんというか

そう、ほんわかした感じなのだ。

つまりいわゆる

押しつけがましい「隙のない」、「デキすぎる女」ではないので
実際はデキるのだけどね

とても居心地がよい。



この後二人はデパートで急遽ショッピングを。

用事で着いて行けなかったワタシは悔やんでも悔やみきれない。

今年一番の後悔かもしれない。

プロ二人の買い物なんて、見てみたくね?



いったい何をゲットされたのだろう。
[PR]

by dorothy_pc06 | 2012-12-11 22:09 | どうでもいい