イケメン先生

たまに行く獣医さんは親切でウデもよく
かなりの人気でいつも満員で待ち時間も長い。

スタッフもたくさんいて、よく気がきき、
親しげに動物に話しかけてくれる。
ありがたいのは
少々犬が抵抗しても、診察台に上げるとこから
頭をなでて落ち着かせたりがっちり押さえ込んだりするのを
すべてスタッフがしてくれること。

おかげで飼い犬のバカっぷりや、飼い主の無能っぷりを
望んでもないのに披露してしまい、冷や汗をかいたり
何かに負けたような敗北感を感じながら待合室に戻る、
なんてことがないから安心だ。







f0110840_615448.jpg








以前、医者嫌いの大型犬を飼う知人が
ひきずって近くの病院へ連れて行くのもひと苦労だ
と嘆くのを聞いてココを紹介したところ
非常に気に入ったと大喜びしてくれた。

院内に入ったとたん、たくさんのスタッフが出迎えてくれ
ほらほら〜こっちよ〜
あらら、賢いねぇ〜
などと誉めそやしてくれチヤホヤちやほやしてくれるので
すっかりいい気になって最後はおやつまでもらって帰ってきた。
それから車に乗る機会があると病院に行けるのかと期待してるのよ、だって。
獣医と小児科の、患者への配慮って似てるとこがあるんでないかな。



で、

たくさんいる先生の中に一人、
男なのか女なのか一瞬迷った先生がいる。
迷って結局、男だろうと判断したのだが
結論を出すまで
一体どっちなのかと気になって
ろくに説明も聞けなかったほどだ。



ここの病院は有名なので結構我が家の近隣からも通っている人がいる。
別の知人もここに通っていることがある時発覚した。

早速

あの先生って女みたいだよね。

という話をした、

ら、


いやいや、男ではなく女なんだよ。だと。
まさか。


いや、ほんとほんと、私スタッフに確かめたから。


・・・って、勇気ある。聞いたんですか。


男になりたい女の人とかでもなく
ただの女。フツーの女。
のど仏あるとおもったんだがなぁ・・・


たまたま別の友人も通っていて
イケメンの先生♪とご機嫌だったらしく
女だと知ったときにはかなりがっかりしたらしい。

女男先生ではなく男女先生だったのだ。
長身のロン毛の、友人のだんなさんはどこから見ても男なのにな。



話は変わって

この辺りを回る郵便屋さんの男の子、
学生のバイトかと思ってたら、先日直接手紙を受け取ることがあり
まじまじと見たらおじさんだった。

やっぱりほっそりしていると若く見えるよなぁ。
と、感心していたらこれまたこのおじさんも女性だった。

名札にちゃ〜んと○○○子と書いてある。ありゃりゃ。



そう思って見ると女にしか見えないから不思議。
思い込みって怖い。
というか、男女の区別ってそんなにいい加減なのか。

確かに若い女性でもオッサンになっていったり
おばさんだったのにだんだん「おじいさん」になって行く人もいる。


何においてもボーダーラインってのはあいまいだ。
どちらでもイケルってゾーンは
見る人の知恵や経験が左右するんだろうか。


次に獣医さんに行っても
ただの女医さんがいてるだけなんだろうな。

by dorothy_pc06 | 2011-08-01 06:16 | どうでもいい