クローゼットの整理に着手する

季節の変わり目になると何を着たらいいのか迷う。

いったい去年の今頃は何を着ていたのか、
と不思議に思いながら
なんとなく時が過ぎ、

それでもハダカで出かけることもないので
それなりに何かは着ているに違いない。




f0110840_1155762.jpg





若い頃はあれもこれも着たい、試したい、

子供が「ボクだけ持ってない」とねだるのと同じように
ワタシだけが服がない、もっと欲しい、服がナイナイと嘆いていた。


それが


身体や肌が何となくピークを過ぎ下降線だなと自覚し始めてから
それほどに着るモノもたくさん必要なくなり


というか、


思うほどどれも似合わないという自覚が出てきて以来、

大して服が欲しくなくなった。

同じ
着るモノ、ナイナイでも

「どうせ」という言葉が先にくっついてくる。


数々の失敗を繰り返し、
似合わないものがわかるようになり
やみくもに服を買うことはない。


それでも
「似合う」ものはわからず未だに迷えるおばさんなのだけど。





f0110840_11103165.jpg






周りのたいがいの友人も

いかに服が少ないか、

あるいは

購買意欲が低下して、近頃買っていないか

ということを熱く語る。


一緒、一緒。


と賛同しながらも、ちょっと待って。


この間アレを買ってなかったか?
とか
季節の始めにソレを揃えてなかったか?

思いついて尋ねると


確かにそうだがそれは別

やっぱり私は服が無い、少ない

と譲らない。


ワタシだって最近服を買ってない。
なのでいつも少ないモノを組み合わせて困りながらも出かけている。


しかしこれまた他人から見ると

そういや、季節始めに
あれもこれも・・・買ってたのでは?


でも数に入れないのは
必要に迫られ購入したが
それほど重宝してるわけでもなく
気に入ってヘビロテしてるわけでもなく

いや、来年着るかというとそれも未知数。


やっぱりそれは別

持ってないというのは

気に入った服を持ってない、買ってない

ということなのか。

持ってないからまた次も買いたいという気持ちの表れなのか。




f0110840_11105911.jpg





近頃流行のカリスマ片付け人は

ときめくか、ときめかないか

を基準としてモノを選択せよと提案している。


使うか使わないか、要るか要らないか

ではなく

ときめくか否か。


新しい着眼点でかなり有効だとは思うけど



ときめく服だけを残そうとすると

残らないんですけど・・・。


この先生、若いからまだこんなこと言ってるけど


だんだんと、ときめくかどうかより

入るかどうか、
いかに欠点を目立たなくするか



ってのが最重要優先ポイントになってくるんだけど。



もしときめかないもの全捨てしたら・・・

数少なく残ったものと合わせるため
今からときめく服を?

探してる間に

あそこも行かなくてはいけないし
ここにも行かなくてはいけないし


って・・・あぁ・・出かけられないよ。



そんなわけで

クローゼットの中には

大してときめかないものもありながら

「身体が入るもの」が残され、


それでもかなりすっきりされたのだった。





写真はここでいただいたご飯。

うまうまだった。
[PR]

by dorothy_pc06 | 2011-10-10 11:20 | ホントは片付けたい