おうちレッスン・クローゼット編

おうちレッスンへ行った→

最終回はクローゼット編。





f0110840_8275042.jpg







手芸品の在庫でごった返している我が家だが
近頃のワタシのクローゼットは服が少ない。

パーソナルカラーで診断してもらい納得したので
関係なさそうな服をどんどん処分しているからだ。

それが証拠に、処分しすぎて着るものがないくらい。


そう言えばレッスンで、

手持ちの服が少ないと言う一人が
いつも同じ服を着ている
と発言すると


かなりの数をお持ちのもう一人が
たくさんあってもいつも同じ服を着ている
と発言されてた。


ワタシのクローゼット服、あってもなくても
きっと今着てるものしか着てなかったのだと推測する。


我が家の場合、収納場所はかなりある。
思案に思案を重ねた設計ではないので
動線もうまくいってないし、
いや、そもそも動線がどうなのか
今でもきっちり追求していないし。


なので

服は少ないはずなのだけど

どうもすっきりしない、洗練されてない感じのクローゼットで
かなり改良の余地がある。


すっきりしない原因の一つはオットの服だ。
まずは人のせい。

着道楽ではないのに
「ないと心配だからとりあえずたくさん買う」体質なのでオットが
やたらポロシャツやらTシャツやらがあふれてる。
その上、捨てたくない主義だし。

服に関する時間の概念がゆっくりなので
ここ5,6年着てない服も
「あ、これはこの間着た」というくくりに入れる。

・・・いつだよ。





f0110840_8281942.jpg







特に、前々からストレスの一つになっていたスキーウェアー。
邪魔だ邪魔だと憎しみの目で見ていたのだが
「捨てて良いか?」と聞くと
「いや、スキーに行くから」・・・って。

かれこれ10年は行ってなくね?


ワタシは寒いのが嫌いなので
生まれてこの方スキーの体験はゼロだ。
なのでウェアーがいかほどでどのくらい保つモノか想像ができない。

レッスンで相談したら


今どきのウェアーは保温性も防水性も高いし、
お値段はぐんと安い。
それにスキーウェアーにもかなり流行がある。

たまに
あぁ、バブルの頃に買ったウェアーだなって思う人がいるヨ。


なんて言われたら、即捨て決定。


よくよく考えたらスキーに行ったのは10年前でも
ウェアーを買ったのは20年くらい前かも。


いやぁ、おかげですっきりだ。






しかし、


あんなに幅をとって、目障りだったウェアーを
ようやく捨てたのに

案外スペースが広がらないのは不思議だ。



ワイヤーハンガーも棄て捨て
[PR]

by dorothy_pc06 | 2012-05-16 08:42 | ホントは片付けたい