<   2011年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 年末について考えた

今年もまた年末がやってきている。
年々、気づくのが遅くなっている。

だるまさんがころんだ、の鬼をやっていて
さっきまでみんな遠くにいたのに
振り返ると、もう今まさにタッチされようとしてる・・・

年末が早くやってくるのではなく
ひたひたと近づいてくるから、その足音が聞こえてないと言った方がよいか。



年末に限らず「末」は恐ろしい。
見えないからなのか、
突然やってくるから心の準備ができてないからなのか。


締め切りもいやな気分だし
月末ってのもなんだか忙しそうだ。
子供の頃の夏休みの終わりなど、どんよりだった。
・・・どれも最初からわかっているはずなのだけど。


これは、きりぎりすのように浮かれて過ごしているからか。
きっちり計画を立て、何をすべきかを考えられる性格だったら
平常心ですべての「末」を受け入れられるのか。

確かに計画的に宿題を済ませておけば
晴れ晴れと新学期を迎えられただろうな。
昔の自分にちょっと言ってやりたい。






f0110840_16503471.jpg

         写真は友人が作ったブローチ。色合いが絶妙で可愛いデショ。






大人になってから
ちょっと前までは「年末」が怖かった。
大掃除をしてない、年賀状を書いてない、
クリスマス飾りを片付けてない、
正月仕様にできてない、おせちだ、お年玉の準備だ・・・。

そんな恐怖が薄れてきた。

相変わらずいろんな「宿題」を
できてないのにもかかわらず、だ。


年齢とともに時間が経つのが速くなるのは当然だが
やってないことへの罪悪感は減少。

これは開き直りか悟りなのか。

もうこれで終わりだという感慨深さも皆無だし。



「末」に対する思い入れと言えば
高校卒業を控えた学生時代。

何をするのもコレで最後のという思いがあった。

最後の運動会、

最後のお弁当、

最後の・・・

冬服へ衣替えする前日、
友達と落書きしあった

最後の夏服のブラウスは

まだ捨てずにおいてある。


そうだ。この歳になると

自分自身のことが時間で区切られる

ということがなくなってきたのだ。
まだまだ家族の新学期はあるし、
朝起きて、ゴミ出して、ご飯作って・・・という日常はあるのだけどね。


区切られることがない、

つまりは

だんだんと新しいことがやってこなくなってきているということ。

惰性で流れる慣れきった毎日。


これはちょっと寂しいことだ。
ときめきの針の振れが鈍っているのか・・・なんて
流行の片付けのセンセかよ。

やみくもに手を付ければいいというのではないけど
何か始めてみようか。



な〜んて、

ウダウダと言い訳を考えているより

そろそろ年末年始のいろいろ

やっつける方が先だと気がついた。


やっぱりちょっとくらいは片付けを、掃除を、お正月のしつらえを
した方がいいかもな・・・。
ホントニヤルノカ?




今年も何かと仲良くして頂きありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いします。
[PR]

by dorothy_pc06 | 2011-12-29 16:58 | どうでもいい

新品には戻らない

雑誌やムック本を開き

お片付け好き、掃除好きな人の記事を読んでいると
かなりの人が

大掃除はしません

と言う。


結局は

普段からマメにちょこちょこしているので

まとめて大がかりにする必要がない、

という話だ。

ふん、普段からできてりゃ、こんな本読まないんだよ。





f0110840_914219.jpg







しかしこの
「大掃除しないんです」発言は
世の中的には定番になり、定着している感があるようなので

私もそろそろ

ワタシ、大掃除はしないのよ

と言ってみようか。
そしたら案外他人は

ほほ〜、普段からちょこちょこ掃除していて綺麗だから
もう大掃除の必要はないのね

と誤解してくれまいか。


なんて思ったけどそもそもワタシは

「きれい好き」と思われたいわけでなく

「ホントに綺麗にしたい」のだったと思い出したので


今年はプロにお掃除を頼んでみた。

・・・結局自分でしないのか。



共同購入のカタログでお安いパックがあったのでついつい出来心で。


オニイサン方がプロの道具を使い
力強く水回りに挑んでくれるので
か弱いワタシじゃ落とせない汚れもすっきり落ちて
仕上がりも、そりゃもうぴかぴか。







f0110840_9154662.jpg









プロのおにいさんたちは掃除をしながらいろいろ説明してくれる。

こんな道具で
こんな風に
ここはこうしちゃだめだよ
と。


で、気になったのが


ほら、こんなに綺麗になります。
でもけいねんれっかでこれ以上はムリ。

けいねんれっかでそろそろ取り替えなくては。



・・・ケーネンレッカですか?


一瞬考えて


経年劣化のことだ

と理解したのだが

この言葉かなりパンチがあった。


普段使用しない単語だ。
なんだかプロっぽくね?

診察を受けて何か言い逃れができない病名を診断された気分だ。



なんとなく
会社のトップや政治家さんの謝罪会見で使われる

「遺憾です」

という言葉を思い出す。

ごめんなさい、と言うよりずっとプライドが傷つかないだけでなく
漢字ばかりだから改まった感じで公的には十分通用するし。



ここの家、古くなってボロくなってガタが来てるから

などという失礼な言葉を使わずに


しかも


これ以上汚れが落ちなくてもボクらのせいじゃないし

という、堂々とした線引きをしながら客を納得させられる。


いや、実際のとこオニイサン方はとっても美しく仕上げてくれたのだけどね。




そしてワタシは改めて

そうか我が家はもうそんな年になったのかと妙に納得した。


若いつもりでも老犬に見える雑種犬もこの家も

経年劣化しているのだ。



そんなわけでミニモニ。のおじさんを呼んで修理の相談をしたのだった。


鏡を見て感じるシミやシワ。

これも明らかに経年劣化だが

我が身に使うと味気なさ過ぎておもしろくない。


写真は我が家ではありません、念のため
[PR]

by dorothy_pc06 | 2011-12-26 09:22 | ホントは片付けたい

それはマ、マ・・・・

家が古くなってきているので修理の相談をすることにした。





f0110840_20444887.jpg






やってきたのは愛想がよく親身になって考えてくれる誠実そうなオジサン。


作業の邪魔になるのでリビングに閉じ込められた犬たちにも

反応を示してくれた。





おや、このコはかなりの老犬ですか?





と、言われた雑種犬。

10歳ほどだが見知らぬ人から見たら老犬なのか。




いや、よく若いねって言われるんですけど・・・




なんて要らぬ見栄をはってしまった。






お・・・こっちは。




ワイワイとうるさいミニシュナにも目を留める。





これは、アレだね、今人気の、





人気の、ミニモニだね。







へ・・・・。それはもしかしてま、ま・・・・



という言葉を飲み込み





そうそう、よくしゃべる犬ですからねぇ。




さり気なくごまかした。





f0110840_20453797.jpg





後から考えると




それはマルモリだよ!



という突っ込みを待っていたボケだったのか。




もし、そうなら



懐かしくも、らしからぬ単語を投げかけながら


さらっとスルーされて


おじさんは居心地が悪かったのではないか。


恥をかかせたか。



いやいや、アレはマジだっただろうよ・・・。


いまどきミニモニ。だなんて言葉、出てこないよな・・




と、頭の中をぐるぐるぐる・・・・。



あぁ、おじさんに悪いことしたかな。




写真はある日の昼ご飯・・・ワタシの家じゃないし、ワタシだけが作ったんじゃないけど
[PR]

by dorothy_pc06 | 2011-12-21 20:53 | どうでもいい

眉毛はあった方がいい

出かける朝は忙しい。
朝食の後片付け、とりあえず洗濯は終えるが
掃除はその日の出発時間による。






f0110840_20225340.jpg







1時間前には化粧を済ませ、上半身だけ着替えておくのがワタシの理想だ。


ボトムスを着替えてしまうと、

出かけるまでの間に「座りシワ」ができたら嫌だし

なにより我が家には犬猫がいるので
うっかり座る場所を間違えると
毛がついて最後にガムテープでぺちぺちしなくてはいけないのだ。


だからと言って出かけるぎりぎりに慌てて全身着替えるのも落ち着かない。

やっぱり半着替え

ぎりぎりの決断だ。



でもこれ、

こんな格好でゴミ捨てに行ったりするとなんだか間が抜けてる。


トップスだけお出かけ服に着替えて
髪を整え化粧までしてるのに


下はずるずるのゴムスカートと

あったかい毛玉だらけのハイソックス


というアンバランス。
わざわざ大きくして書かなくても・・・


しかもパールのネックレスなんてしたりして

知り合いに会おうものなら


いえいえ、これ出かける時に下は履き替えるのよ

と言いたいけど

近所のおばさんはどうせそんなことは知ったことじゃないし・・・。







f0110840_20235318.jpg







そう言えばご近所さんに用事があってピンポンした時のこと。

「メイクの途中だったから」と、

まるで「お米洗ってる途中だったから」と同じくらいの気軽さで

玄関まで出てきてくれた。

「途中」とは言え、ファンデーションのみの顔はいくら美人のおばさんと言っても

かなり怖い。それならいっそスッピンの方がよいかも、だ。

平静を装いながら、その勇気と人の良さにかなり驚いた。



ま、あの衝撃を思うとワタシの半着替えは大したことがないな。





f0110840_20243766.jpg





そんなことを思い出しながら早めに化粧にとりかかる。
髪も整えて、ストッキングは最後でいいk・・・・


時計を見てふと思う。

電車の時刻を逆算すると、

・・・あれ?もう出ないと間に合わなくね?



よぉく計算してるつもりでよくやるのだ。
1時間まちがいとか。



大急ぎで身支度をしてバッグの中身を確認。
ケータイ、ケータイ・・・・


ここで気がついた時計の読み間違い。


なんだやっぱりまだまだじゃない。



一度慌ててしまうとなんだかずっと間違えてるような、
忘れ物をしてるような感覚になって
一日落ち着かないから不思議だ。






★★★
写真はこちらで。
思い切って体験レッスンをお願いしたらとっても楽しく目から鱗もポロポロだった♪
[PR]

by dorothy_pc06 | 2011-12-12 20:35 | どうでもいい

ただいま作業中

ちょっと期限が迫る縫い物の仕事があった。


いい加減終えてしまおうと手を付け始めた



とたんに





f0110840_22364869.jpg





やってくるこのオンナ。









この猫に限らず、

どうしてどの猫もどの猫も


INGの作業の上にどっかと陣取るのか。



新聞でも本でも、


今まさに

そこ読んでる


ってとこにさりげなく


やってきて素知らぬ顔で





たまたまワタシ、休もうと思ったんだけど何か?




て態度で邪魔をする。








f0110840_22405190.jpg









これがまた


動かすことができずに、ついつい作業を中断できてしまうのが不思議。






猫かわいがりされる女王様なのだ。
[PR]

by dorothy_pc06 | 2011-12-10 05:58 | つくる

誕生日プレゼント

物作りをするプロの友人が

別の物作りをするプロの友人にもらったというクロスステッチ。





f0110840_19352983.jpg







可愛さのあまり、卒倒しそうになった。



丁寧に刺されてるのはもちろん

色合いも上品でよい感じ。

ちょっとした糸の番号違いで全く別の雰囲気にもなりそうだが

うまくバランスのとれてること。




図案はまっすぐ刺していくだけだし
クロスステッチだし

やってやれないことはないけど


多分絶対こんなに可愛くはできないよ。






f0110840_19374677.jpg







誕生日のプレゼントにこんなのもらったらどうしよう〜。

やっぱ、普段から物作りに関わってる人は
気軽にこんなの作って、プレゼントしちゃうんだぁ・・・。
贅沢だな。





このクロスステッチをこれからどうすべきか。



縫い付けてしまうとただの布にしか見えないし、

どうせならぱっと見て


うわっ、これ刺繍!


と見る人にわからせたいから


タペストリーみたいに壁にかけるべきか。


しかししかし、部屋に飾ってたら

当然ながら部屋に来る人にしか見せられないし・・・。



ワタシがもらったわけでもないのに悩むのだった。
[PR]

by dorothy_pc06 | 2011-12-09 19:44 | つくる

復習するは・・・

先日ワンデーで習った、リボンが可愛いキャンディーブローチ。




意外に早く仕上がる楽しさもあって

家にあるものを寄せ集めて作ってみた。











f0110840_22144176.jpg





こんなのや







ちょっとブリブリしたのや


f0110840_2215113.jpg









こんなのも。

f0110840_22155362.jpg






何度も作っているうちに

これがいいのか悪いのか、


なんだか・・・蛾?


気持ち悪いのか可愛いのかわからなくなってきた。







そして例によって例のごとく、陥ってしまう





そんなに作ってどうするんだ地獄








f0110840_22182116.jpg







マジでどうするのだ。




おっと、これはもしや

f0110840_22185630.jpg



危険信号か?







猫やっぱりこれが気になるようで・・・



f0110840_22192135.jpg



やっぱりね、ラビットファーだもの。








ふと、我に返り、習ったブローチと比べてみると

似ても似つかぬ・・・、ま、いいか。
[PR]

by dorothy_pc06 | 2011-12-07 19:30 | つくる

今年中に年賀状は出せるのか

今年もいいかげん、年賀状の準備をしようと早々と思いついていたのに




まずは載せる写真を撮らねばならなくて




そのためにはまず犬たちを散髪にやらなくてはいけなくて。




と、もたもたしてる間にもう12月が始まってしまった。




ようやくいつものお店でカットしてもらえた。




行ったらどうせ売れない漫才師みたいなリボンなんか付けられて帰って来るんだろう、





それははずして撮影しないとね。




と、覚悟してたら・・・え?







f0110840_20264491.jpg







なんと今回はリボンじゃない。







f0110840_20271470.jpg

冬なのにサマーカットなんてことはこの際どうでもいい







おや、まぁ。


売れないピエロかお地蔵か。






きっと、トリマーのオネエサンは

喜ばせてくれるつもりで付けたんだろうな。





てなわけでもうしばらく付けておいてやろう。

客人にもかなりウケるし。





f0110840_20322989.jpg

お互いにくんくん・・・怪しい。




ついでに猫までワタシをくんくん・・・




f0110840_20332538.jpg

[PR]

by dorothy_pc06 | 2011-12-06 20:38 | どうでもいい

追いはぎ

お気に入りのカーディガン。
ファーがあたたかく優しい色合いが上品で合わせやすい。

これは友人からもらったモノ。






f0110840_828510.jpg








友人二人のカラー診断についていった。



自分に似合う色がわかると
面白いことにさらに疑問が湧いてくる。
コレは、一体ワタシに似合うのか、コレはアリなのか・・・。
そんな想いもあってついでにアフターの相談も兼ねていたのだ。



他人の診断経過を見ているとわかりやすい。
いろんな布をつぎつぎ当てていき
同じようなのでも色調が変わると
まったく顔色が異なって見える。
法令線が浮き上がったり、血色が良くなったりまるで百面相だ。



先日の診断の際には素材についてもアドバイスをもらい

シフォンやシルクなどがおすすめ。
レーヨンなどふんわり感のあるものを選ぶように。

ゲージ感のあるものはNG

と、言われたワタシ、実は困っていた。

それじゃぁ、
寒くて仕方がないんですが・・・。







・・・と、

一人はワタシとまったく逆のタイプ。
お互いのNGカラーが重ならない。

しかも特にワタシへのお勧めカラーが彼女の超NG


ちょうど彼女が着ていたそのカーディガンこそ大NG。

彼女はイタリアンマダムなスタイルがよく似合う。
ハイブランドはもってこい。エルメスオレンジもぴったり。
お金がかかるね


グレーのカーディガンを着ている時より
ベストカラーの布を合わせた方が
ぱっと華やかになり誰が見ても、よりかっこいい。


そんなわけでその場で彼女はカーディガンを脱ぎ捨てて行ったのだった。


さっそく袖を通してみると

これがまぁ、ワタシったらよく似合うこと。

グレーのファー素材もやっぱりワタシ向きだな。

なにより寒くないよ、ありがとう。







f0110840_8283914.jpg









ワタシが得意とする(らしい)素材の一つがパールなんだと。

先日、大好きな作家さんのアクセをたくさん見ていて
ほしくなってしまった、コレ。

パールが肌によく映え重宝する。
やっぱりパールもグレーだね。

つなげたり、ばらばらにしたり、ブレスレットにしたり、チャームをとりはずしたり
かなりお得なネックレス。







f0110840_829371.jpg










帰りに近くでばったり知り合いに出くわした。
おやっという視線とともに一瞬上から下までチラ見された。


ふふふ、今日のワタシ、似合ってる?

早くもカラー診断の成果がでてるのかな。
よければあなたにもカラーリストさん紹介しましょうか。



と思ったら



ちょっと、太った?

だと。

・ ・・・・。

えぇえぇ、確かに。


久しぶりに会った印象はソレか・・。
[PR]

by dorothy_pc06 | 2011-12-01 07:01 | どうでもいい